当はブログはアダルトコンテンツを含みます。

興味のない方にとっては不快な内容を含む可能性がありますので閲覧はしないようにお願いいたします。

 

また、18歳未満の方の入場は固く禁止致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も参加しています♡

コメントは私以外見れない状態にしています。

秘密で送りたいって方は是非♡

ちょっとした感想でもなんでも大丈夫ですよ♪

こんな写真が見てみたいってリクエストも受け付けてます♡

【禁断体験】親友の留守宅でこっそり彼氏とエッチしてしまいました

おっぱいからお尻まで

最近のコメント

やりました!パンチラ女子をしっかりと撮影!

今日はまた凄いのが届いたのよ。

じっくりねっとり…イこうかしら♡

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

大学の時に同じ学部で付き合っている彼氏と一緒に親友のY美の家に遊びに行きました。

Y美も私も彼氏も同じ学部で、Y美も一応私たちが付き合っていることも知っていました。

実家暮らしの私と彼氏が、大学のそばで独り暮らしのY美の家で一緒にご飯を食べに行きました。

 

3人でテレビを見ながらくつろいでいた時に、Y美が

「あ、レンタルブルーレイ返すの忘れてた。」と思い出し、

「ちょっと返してくる。二人でゆっくりしてて。」と

私たちを残して出かけてしまいました。

レンタル店は駅前なのでせいぜい20分くらいの外出です。

 

Y美が外出して二人きりになると、

彼氏はいきなり私に彼氏モードで甘えながらムラムラしだして、抱き着いてキスをしてきて舌を入れてきました。

彼氏にとって私は初めての相手で、その時はまだ3回くらいホテルでしただけでした。

彼氏はスキがあれば私の体に触りたい状態で、私もそれがうれしいと思っていました。

 

ちょっとだけのつもりでY美の留守宅で彼氏と抱き合ってディープキスをしました。

でも彼氏はそれだけでは収まらず、ゆったりしたワンピだった私のワンピの中に頭を突っ込んできて、ブラをずらして乳首をしゃぶり始めました。

私もちょっとだけのつもりで彼氏の固くなった股間を触ってあげると、彼氏は気持ちよさそうにしてますます興奮してしまいました。

 

私が「もうそろそろおしまい。Y美帰ってきちゃうよ。」と焦って彼氏に声をかけても止まりません。

一旦私のワンピの中から頭を出したけど彼氏はすでに暴走モードに入っていて私のパンツの中に手を突っ込むとあそこに指を突っ込んできて、本気でイカせるつもりで触ってきました。

初めての相手だった私が3回くらい特訓したので彼氏は触り方が結構上手になってきていて、しかもY美が返ってくる前に短時間で欲望を満たそうとしているのでノンストップです。

 

彼氏が「俺のも触って。手でして。」と言ってくるので私もしかたなく彼氏のズボンを脱がして彼氏のあそこを急いで手でしごきました。

私もかなり気持ちよくなってきていたけど彼氏をイカせるにはさすがに時間が足りません。

 

私はY美には悪いと思ったけど、時間を稼ぐためにY美にLINEでスーパーでお菓子を買ってくるように連絡しました。

Y美からOKの返事が来たのであと10分くらいは稼げそうです。

 

「急いで急いで」とお互いに言いながら自分の家でもホテルでもない親友のY美の家でお互いの下半身を刺激し合う背徳感は、申し訳ないけど私も興奮してしまいました。

彼氏をイカせるより先に私がイッてしまいました。

すると彼氏は私のワンピをめくりあげると足首までパンツを脱がすとそのまま正常位で挿入してきました。

まだ大丈夫だと思うけど合体中にY美が帰ってきたらもうおしまいです。

 

高速で腰を振りながら今にもイキそうな彼氏に「中には出さないでね。」と声を出すと、すぐにイク直前の状態のあそこを私の顔の前に突き出してきました。

私が咥えると彼氏はすぐ私の口の中に思いっきり発射してきました。

Y美の家なので吐き出す場所もなくて私は初めて彼氏の精液をごっくんしてしまいました。

 

そのあとで大急ぎでお互い服を整えて、私もジュースを飲んで彼氏の精液のにおいを消しました。

Y美が帰ってきたのはその5分後くらいで、Y美も全然気づいてなかったみたいで買ってきてくれたお菓子を食べながらそのあと何事もなかったように過ごしました。

彼氏はそのあとしばらく寡黙になってしましたが、Y美の性格からしてまさか短時間の外出中に私たちがエッチしてたと疑うことは無かったと思います。

あの日の彼氏は興奮してて本当にバカだと思ったけど、Y美への背徳感とちょっと前まで童貞だったのにいきなり積極的だった彼氏に意外に興奮してしまった私がいました。

それからはY美の顔を見るたびに、「あの時は、ホテル代わりにしてゴメン…」と心の中で謝っています。